誘導加熱装置の構成例

  • 高周波電源では3φ200Vなどの電源をいったん直流に変換し、電子管やサイリスタ、MOSFET、IGBTなどの素子により数100Hz〜数MHzの高周波エネルギーを発生させます。
    出力電力、周波数、スペース、負荷変動、設置環境、冷却方式などに応じて最適な高周波電源を選定します。
  • 整合部は高周波電源で発生した高周波エネルギーを、負荷であるワークコイルに必要な電圧・電流に合わせる「整合」を受け持ちます。
  • 加熱コイルは被加熱物(ワーク)の形状、加熱部位など目的に応じてデザインされます。

 ■弊社製高周波電源
 ■各種加熱コイル例

 

© Fuji Electronic Ind. Co. All rights reserved.